オデッセイを値引きする方法

オデッセイ値引き情報

オデッセイ値引きは時期によって金額が異なります。まずは現状の値引き状況を確認しておきましょう。

 

オデッセイ車体値引き限界額 オデッセイオプション値引き率
20~25万円 10%~15%

合計限界値引き額→30万円

 

オデッセイは20万円程度しか値引きできないだけでなく、準備不足だとトータルマイナスもありえます。ここでは、しっかり準備して合計50万円のコストカットを目指す方法を解説していますので、一度ご一読ください。

 

まずはオデッセイ値引きの下準備をしよう

 

オデッセイ購入時に、今乗っている車はディーラー下取りに出すという人がほとんどです。愛車の買取相場も、ディーラーが適切な価格を提示してくれると思っているはずです。

 

しかし、ディーラー下取りしか考えていなお客さんは、ディーラーからしてみれば「カモネギ」のような存在です。ちょっと揺さぶるだけですぐに契約してくれる「チョロい客」と思っているのです。

 

どういうことか、説明します。

 

 

もうオデッセイは値引きできません…。ですが、下取り価格を20万円増額して、40万円で買取ることができますよ!


 

こう言われたらどう思いますか? ほとんどのお客さんは「どうせ下取りは安いだろう」と思っているので、下取りアップを打診されて大喜びで契約してしまうでしょう。

 

しかし、家に帰ってからなんとなく愛車の買取相場を調べてビックリ!

 

 

なんと、愛車が100万円で売れることを知ってしまうのです。

 

このままでは60万円近いマイナスとなってしまいますが、もう遅いのです。いったん下取りアリで契約すると、下取りナシにするのは契約破棄となってしまうのです。

 

わずらわしい手続きをすれば取り消せなくもないですが、最悪の場合は賠償金請求なんてことも…。

 

このように、愛車の買取相場を知らないままオデッセイ値引き交渉にのぞむのは無謀です。商談の土俵に上がることすらもできないのです。

 

逆に、愛車の相場を知っておけば、

 

 

下取りアップはいいけど、まだまだ相場より安いね。それだけ余力があるなら、オプション値引きしてよ。


 

こんな切り返しもできるようになり、オデッセイ値引き交渉を有利に進められるようになります。

 

「下取りナシだと、値引きできないんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

 

これは確かにその可能性もあります。

 

なので、まずは下取りアリでオデッセイの値引き交渉を進めてください。そして、交渉が煮詰まってきたら、

 

「オデッセイの値引きを頑張ってくれたので、やっぱり愛車は友だちに譲ります」

 

などといって、下取りを引き上げればOKです。

 

まだ契約前なので、下取りアリをナシにするのは自由ですし、営業マンも文句は言いません。

 

今乗っている車の買取相場を調べるには

愛車の買取相場は、ネットの一括査定を使うことで簡単に調べられます。実際に店舗に行かなくてもいいですし、複数の買取店からの一括査定なので、買取金額が高くなりやすいのです。

 

中古車買取店はディーラーと違って、国内・海外に豊富な販売ルートを持っています。とくに海外は日本車が人気なので、価格が高騰しやすいです。ディーラーなら地元の販売ルートに「ポイッ」と丸投げして終わりなので、この差は大きいです。

 

 

しかも、一括査定の場合参加業者は「仮査定」を出す決まりになっており、他の業者に出しぬかれないように限界まで高い金額を提出してきます。つまり、オークション状態になって価格がつりあがっていくのです。

 

一括査定サービスはいろいろありますが、その中で1番人気があるのが「かんたん車査定ガイド」です。

 

 

 

↑の例のように、一括査定を行うとすぐにその場で愛車の買取相場がわかるのです。この機能は他の査定サイトにはありません。

 

この金額をメモしておけば、ディーラーで交渉をするときに営業マンが下取り額を言ってきても、相場より高いか低いかがわかるようになります。

 

公式サイトで「下取り」VS「一括査定」の査定額比較の実例も見られるので、一度チェックしてみてください。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
>>>http://a-satei.com/

 

1分程度で査定できる手軽さもメリットです。

 

 

他の一括査定サービスを合わせて使ってみよう

買取金額を限界まで引き上げたいときは、その他の一括査定サービスも併用してみましょう。その分多くの業者から査定を受けられるので、買取金額がさらにアップします。

 

カーセンサー

自動車情報誌の「カーセンサー」が運営している一括査定サービスです。リクルートが母体なので安心感もありますし、最大30社から一括査定が受けられるので買取金額の高騰も期待できます。入力項目はやや多めですが、数分で査定は完了できます。

 

公式サイトはこちら
>>http://carsensor.net/

ズバット車買取比較

地域密着型の車査定サービスです。そのため地域に根差した業者からの査定が受けられるので、郊外に住んでいたり、ちょっとマイナー系の車種に乗っているときはこちらで査定を受けられるとよいでしょう。

 

公式サイトはこちら
>>http://www.zba.jp/

オデッセイならではの交渉術を学ぼう

オデッセイは車好きならだれでも知っている車種ですが、ハイブリッド化で出遅れて去年までは売り上げが低調でした。そのせいで値引き幅は非常に大きくなっており、50万円引きも狙える状態となっていました。

 

しかし、ついに2016年2月にハイブリッドモデルが登場し、人気が再燃。値引き幅も大幅に縮小される事態となっています。もちろん、ちゃんと交渉しないと一律5万円値引き程度で済まされてしまうことが多く、しっかりとした下準備が非常に重要となっています。

 

オデッセイはホンダの車種ですので、ホンダディーラーならではの交渉術が有効となります。オデッセイを含むホンダのクルマは、基本的にホンダディーラー同士の競合に持ち込むと値引き幅が広がりやすくなります。

 

ホンダはホンダカーズ店しかないので、ホンダ同士の競合というのはイメージがないかもしれません。しかし、実は同じホンダカーズでも経営元が違うことがあります。というのも、ホンダのディーラーはもともとクリオ店プリモ店ベルノ店に分かれていました。その3店舗のラインがホンダカーズ店に統一されただけなので、内部では違う会社ということがよくあるのです。

 

見分け方は簡単で、ホンダカーズ○○店の「○○」の部分が1文字でも違っていれば別経営となります。経営元が違うので、抱えているノルマも異なってくるため、相見積もりに持ち込めば平気でお客さんの取り合いになるのです。

 

また、オデッセイは今までこれといったライバル車がなかったのですが、ハイブリッド化したことにより、新たなライバル「アルファード」「ヴェルファイア」が登場しました。アルファード/ヴェルファイアはオデッセイより価格帯は高いのですが、オデッセイの方が燃費性能が圧倒的に高いので、「アルファードをやめてオデッセイにしよう」というドライバがー急増しています。そのため、トヨタ側はオデッセイを強く警戒しており、相見積もりすることで値引き幅が広がりやすくなります。あとは、値引きされたアルファードの見積書を持ってオデッセイの交渉に臨むことで、有利に商談を進めることができるのです。

 

値引き交渉は3回で決める!


今乗っている車の買取相場を把握して、オデッセイの値引き交渉テクもわかったら、あとは実戦するのみです。

 

注意してほしいのは、オデッセイの値引き交渉は何回もしつこくしてはいけないということです。1回目ではさすがに値引きは広がりませんが、何回も粘ったからといって成果がでるわけでもありません。

 

重要なのは、3回の交渉でしっかり決めることです。

 

ここでは初回~3回目までの流れを解説します。

初回交渉

オデッセイ値引きの初回交渉は「顔見せ」程度で十分です。いきなり激しく値引きを要求すると、営業マンの印象が悪くなります。なので、とりあえずオデッセイの見積もりを取るくらいで大丈夫です。

 

実際にディーラーに行って話を聞いても問題ありませんが、すでに説明した通り複数のホンダディーラー、ライバル車種のディーラーなどいくつもの店舗を回らないといけないので、結構手間がかかります。

 

時間短縮を考えるのであれば、「オートックワン」などのネット新車見積もりサービスを活用しましょう。パソコンやスマホで簡単にオデッセイやライバル車種の見積もりを取り寄せることができるので、初回交渉の代わりになります。

 

とにかく重要なのはオデッセイの見積もりを取ることです。こちらから見積もりを依頼するということは、営業マンにも「この人は期待できる」と思わせることができます。直接ディーラーに行くのでもネット依頼でもいいので、まずはオデッセイの見積もりを取りましょう。

 

ネットで新車見積もりができる「オートックワン」の公式サイトはこちら
>>http://autoc-one.jp/

 

なお、見積もりを取っていないのに、取ったフリをして交渉をすると、営業マンには一発で見破られます。リアル感がないので、すぐにウソだとわかるのです。そうなると信頼は失われ、交渉は完全に失敗します。今後そのディーラーに行くことすらできなくなるでしょう。

 

本命ディーラーだけでなく、対抗ディーラー、ライバルのディーラーなど、必ずきちんとした見積もりを取っておきましょう。

 

2回目交渉

オデッセイやライバル車(アルファード・ヴェルファイアなど)の見積書を用意したら、次は2回目交渉。ここでは、初回とはうってかわって、熱く交渉していきます。

 

見積書を持ってお店に来てくれるお客さんはディーラーにとってもホット客なので、誠実に対応してくれます。

 

ここでは、以下のことを行ってください。

 

  1. 対抗ディーラー(別資本ホンダディーラー)の見積書の存在をにおわせて、圧力をかける
  2. 対抗ディーラーの見積書は見せない
  3. オデッセイのオプション値引きも積極的にとっていく
  4. 辛抱強く、時間をかけて交渉を煮詰める
  5. 契約しないで帰る

 

対抗ディーラーの見積書を手元に持っておき、「あそこはオデッセイが結構割引されたなあ」などといってプレッシャーをかけます。すると、営業マンは焦って値引き額を増やしてくる傾向があります。対抗ディーラーの代わりに、ライバル車の見積書を使っても構いません。

 

注意点としては、「対抗ディーラーの見積書は見せない」ということです。もし見せてしまうと、その値引き額が基準になって限界まで増額するのが難しくなります。「見せて」と言われたら、「他店に迷惑がかかるから」といってお断りしてください。手元にさえあれば、ちゃんと圧力はかけられます。

 

どうしても値引きが伸びないときは、逆に見せてしまうという手もあります。すると、見せた見積書が基準にはなってしまいますが、「それよりも少し値下げ」という可能性は高くなります。

 

もちろん、他店に迷惑はかけないということをしっかり約束させましょう。

 

そして、オデッセイのオプションもしっかり値引いてもらいましょう。オプションに関しては、「追加したいけど予算が足りなくて」なんてことを言えば、基本的にはあっさり値引きできます。

 

交渉を煮詰めていくと、お互いに熱くなって「今すぐ契約してください!」なんて流れになります。「しちゃってもいいかな」と思うかもしれませんが、ぐっとこらえて帰宅してください。ここで我慢するのが、限界値引きのポイントになります。

 

3回目交渉

ついに3回目交渉です。3回目ともなると、営業マンは相当熱くなっている状態です。「今日こそは契約する」と意気込んでいるので、条件がドンドン通るはずです。オデッセイの値引き増額はもちろんですが、諸費用カット、ガソリン満タン納車などなど、あれこれ条件をつけまくりましょう。

 

ただ、欲張るのは禁物。あらかじめ決めておいたオデッセイ購入予算を達成した場合は、契約してあげるようにしましょう。そうしないと、「予算に収まったのに、約束が違う」と思われ、交渉はあっというまにしぼんでしまいます。

 

オデッセイ商談に効果がある交渉術をご紹介します。ここぞというところで使ってみてください。

 

ハンコを取り出して、「オデッセイをあと●●円値引いてくれるならすぐに契約する!」と迫る。
「嫁さんがアルファードがいいと言ってきかない。オデッセイが安くなれば気持ちが変わるかも…」と泣き落としをする。
契約書にサインする寸前で、「●●オプションが欲しいんだった!予算オーバーかなぁ」と言ってプレッシャーをかける。営業マンは土壇場で契約をオジャンにしたくないので、オマケしてくれることが多い。

 

まとめ

愛車の買取相場を調べる

今乗っているクルマの買取相場がわからないと、ディーラーから下取り価格を提示されても、高いか安いかわかりません。もし安かった場合、数十万円もの損失がでることもあります。

 

なので、一括査定サービスを使って、愛車の買取相場は必ず調査しましょう。

 

おすすめの一括査定サービスはこちら
>>http://a-satei.com/

オデッセイ値引き交渉の知識をつける

オデッセイはホンダの車なので、異資本ホンダ同士の相見積もりが効果大です。すでに紹介したとおり、社名が1文字でも違えば別資本なので、積極的にオデッセイ同士を競合させていきましょう。

 

さらに、アルファードやヴェルファイアとの相見積もりもからめていけば、高確率で値引きを引き出していくことができます。

交渉は3回

オデッセイの値引き交渉は何度もしつこくやると逆効果です。3回でビシッと決めましょう。

 

もし3回目でもどうしても満足行く結果がでなかったときは、切り替えも必要です。他にホンダディーラーはいくらでもあるので、別のディーラーに交渉相手を移していきましょう。そうすれば、いずれは満足できる結果が出るはずです。

 

初回交渉はどうしても複数のディーラーをまわることになるので、効率的に進めるならオンライン新車見積もりサービスを活用しましょう。

 

おすすめのオンライン無料見積りサイトはこちら
>>http://autoc-one.jp/

 

こうしてオデッセイ値引き交渉を進めていけば、愛車の売却で20~30万円、値引きで20万円ほどの費用削減ができるので、トータルで50万円のコストカットができるでしょう。

 

オデッセイ値引きの注意点

 

オデッセイの値引き目標を見失わないように注意

 

オデッセイの値引き交渉をする前に、頭に入れておいて欲しいことが1つあります。それは、「オデッセイの車体値引きとオプション値引きは全く別物」ということです。オプション値引きは車体そのものの値引きとは関係なく、交渉によって10~15%程度が値引きかれる傾向があります。

 

どういうことかというと、ネットなどでよく見かける「オデッセイが50万円値引きできた」などの体験談は、オプションを大量に付けた結果だということです。そこで値引き額だけにとらわれてしまい、自分も「オデッセイを50万円値引きしたい!」と考えたとしても、オプションをたくさんつけないことにはその値引き額には達しないのです。そこで無理やり交渉を続けても、ディーラー側はあきれてしまい、時間を無駄にしてしまうことになります。

 

営業マンとしても、しつこく無理なオデッセイの値引きをしかけてくるお客さんはイヤなものです。しかし、ちゃんとオデッセイの値引き目標を考えてきてくれるお客さんなら、「ここまで値引きすれば決まるかな」という戦略が立てられ、丁寧な対応になりやすいです。なので、あらかじめ車体値引きの目標金額とオプション値引きの目標金額は別に考えておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

オデッセイ値引き 参考サイト

 

ホンダオデッセイ公式サイト