なじみの店と一見の店

契約日 2016年3月
納期 2カ月
車体値引き額 521,421円
オプション値引き額 40,000円
その他値引き -
値引き総額 561,421円
下取り -
愛車の売却額 30万円

 

目的はとにかくオデッセイ。ということで公私ともにつきあいがあって顔なじみの営業さんもいるホンダA店へ。しかし、着いてみてびっくり、試乗車がないんです。ほぼオデッセイに決めているとはいえ、流石に試乗せずに買うのはちょっと… と思っていたら営業さんから「私の口から言うのもなんなんですが、ホンダB店には試乗車がありますよ」とまさかの提案。経営元違うのにこんなこと言って大丈夫なのかな? と思いつつホンダB店に行き試乗させてもらいました。

 

案の定、B店の営業さんは「A店以上の条件を出します!」と大ハリキリです。翌日、B店の営業さんから電話があり、車体値引き47万円というかなりでかい値引です。これにはかなり心が動きましたが、ここで即答してしまうのも不義理だし、状況を伝えに後日A店へ向かいます。

 

この提示にA店側も熱くなったようで、最終的には車体価格52万1421円、付属品から4万円引きとかなり大きな値引き。この条件を再度B店に伝えたいところでしたが、「この条件は即決してくれるのでないと出せない」と言われてしまい、納得しサインしました。

 

親切にしてくれた、B店の営業さんには少し悪いことをしたかな。

愛車の買取相場知ってますか?

新車を買う前に、愛車の相場は絶対調査したほうがいいです。今乗っている車の買取相場がわからないでいると、提示された下取り額が高いかやすいかわからず、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/

関連ページ

新型でも物おじせずに
新型だから値引きが渋くても、しょうがない。なんてあきらめずに、きちんと値引き交渉しましょう。そうすれば道が切り開けるかも。
たった一言で主導権が取れることもある
序盤はいまいち値引きが伸びずにいたところ、苦し紛れの一言で状況が逆転することもあります