たった一言で主導権が取れることもある

契約日 2015年10月
納期 2カ月
車体値引き額 161,422円
オプション値引き額 272,378円
その他値引き -
値引き総額 433,800円
下取り あり
愛車の売却額 30万円

 

お目当てはホンダセンシング搭載のオデッセイ。ホンダA店と経営資本の異なるB店で競合に持ち込んで値引きを拡大させる作戦です。まずはA店にて交渉をしますがいまいち値引き額が伸びません。「B店とも商談中だけど、いい条件が出ればこの場で決めてもいい」と揺さぶりをかけたところ、奥から店長が出てきました。

 

これはいけるかなと思い商談を続けると、予想通りかなり値引きが伸びます。値引きが限界に来たと見えたところでとどめに、付属品の無料サービスを要求。「この場で決める」がかなり効いたようで、最後までこちらのペースで商談を進めることができました。

 

最終的に、車両本体値引き16万1422円、付属品53万2341円から27万2378円引きで契約しました。

愛車の買取相場知ってますか?

新車を買う前に、愛車の相場は絶対調査したほうがいいです。今乗っている車の買取相場がわからないでいると、提示された下取り額が高いかやすいかわからず、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/

関連ページ

新型でも物おじせずに
新型だから値引きが渋くても、しょうがない。なんてあきらめずに、きちんと値引き交渉しましょう。そうすれば道が切り開けるかも。
なじみの店と一見の店
好条件を出してくれる一見の店に心が揺れてしまい、どうするのか大変悩みましたが