オデッセイに搭載されるホンダセンシングの安全性能

ホンダは「事故に遭わない社会」をモットーに安全機能の開発を進めており、その1つの答えが「ホンダセンシング」となっています。ミリ波レーダー&単眼カメラの2種類のセンサーを使うことにより、前にいる車の状況を検知して、ブレーキ・ステアリングの制御などを行うことができます。そのため、不意の時期を防ぎ、安全にドライブすることができるようになります。

 

もともとオデッセイにはホンダセンシングが採用されていましたが、ハイブリッドグレードの登場により拡充され、今は「ABSOLUTE」以外のすべてのグレードにホンダセンシングが対応可能となっています。

 

ホンダセンシングの8つの安全機能

ホンダセンシングを搭載することによって、以下の8種類の安全機能が追加されます。いずれも、ドライバーの油断や集中力低下によっておこるシチュエーションをシステムが検知し、警報を鳴らしたり操作をアシストしたりして事故回避につなげることができる機能になっています。

 

また、クルーズコントロールなどの快適性能も入っており、疲れにくいドライブが可能なため集中力を保つ効果もあります。

 

はじめに、ホンダセンシングの8つの機能を解説していきます。

 

機能1:衝突軽減ブレーキ(CMBS)

5km/hで徐行しているときに、オデッセイとの速度差が5km/h程度の前方車もしくは歩行者がいると、自動的にブレーキがかかります。減速によって衝撃緩和をしたり、停止して衝突回避をするkとが可能となります。

 

機能2:歩行者事故低減ステアリング

オデッセイのハイブリッド車のみ対応。10~40km/h程度で一般道を走っている際に、ついうっかり路側帯に入ってしまうことがあります。そんなとき、音や画面表示で警告を出します。また、路側帯にいる歩行者にぶつかりそうなときはステアリングを自動操作し、回避を試みます。ただし、加速中やブレーキ中、もしくはウィンカー点灯中は作動しません。

 

機能3:アダプティブクルーズコントロール(ACC)

アクセルを踏み込むことなく、速度維持をすることができます。オデッセイの先行車を検知して、車間距離を保ちつつ車速を維持できるので、衝突の心配もありません。

 

機能4:車線維持支援システム(LKAS)

約70~100kmの高速走行中に、車線の真ん中を走れるようにステアリングをアシストします。居眠りなどで車線から外れるステアリング操作をすると、ステアリングがバイブレーションしたり、ディスプレイ表示などで通知します。

 

機能5:路外逸脱抑制機能

約60~100km/hで走行しているとき、車線を外れそうになるとステアリングバイブレーションや画面表示で警告。それでもなお外れる操作を続けると自動ブレーキが作動したり、ステアリング自動操作が入ります。

 

機能6:誤発進抑制機能

オデッセイを停車していたり、10km/h以内での徐行運転中に、オデッセイの前に障害物があるのに減速をしないでいると、自動的にブレーキがかかって急発進を防ぎます。

 

機能7:先行車発進お知らせ機能

オデッセイの先行車との車間距離が10m以内で停止しているときに発動。先行車が発車したのに停止し続けていると、ブザーなどで通知します。

 

機能8:標識認識機能

制限速度・一時停止などのドライバーがついつい破ってしまいがちな標識を認識し、ディスプレイに表示してくれます。ただし、約60km/h以内で走行していないと標識が認識できないので、常にスピードを出しすぎない運転をすることが重要です。

 

 

 

ホンダセンシングが高機能だからと言って、依存しすぎるのはNGです。それぞれの機能には対応する速度があるので、スピードオーバーしているために動作しない場合もあるのです。なので、ホンダセンシングは「危険な運転をしても平気」というものではなく、あくまで「安全運転をより安全にする」というものであることは忘れないでください。ただ、集中を欠いたうっかりミスや居眠り運転から救ってくれる場合はあるので、頼りにはなります。

 

オデッセイのホンダセンシングはグレード次第ではメーカーオプション扱いとなるので、対応状況については↓の記事を参照ください。

 

>>メーカーオプション情報|Cパッケージやおすすめオプション

 

オデッセイのその他の安全機能について

オデッセイに搭載できる安全機能は、ホンダセンシングのみではありません。ここでは、その他の頼りになる安全機能について紹介します。

 

全車標準装備の安全機能や装備

 

運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用i-SRSエアバッグシステム 

正面衝突の衝撃を緩和する、フロントシート用のエアバッグです。

 

EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS

急ブレーキでのタイヤロックを防ぐシステム。雪道などの滑りやすい路面での制動距離を短くします。

 

VSA(車両挙動安定化制御システム)

横滑りを防ぎ、スリップを回避します。

 

エマージェンシーストップシグナル

急ブレーキを踏んだ際に、ブレーキランプとともにハザードランプも点灯。後ろの車に注意をうながします。

 

グレード格差のある安全機能や装備

 

i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム

1~3列目のサイドエアバッグシステム。横から衝突されたときの衝撃緩和に役立ちます。

 

車両接近通報装置

ハイブリッド車のみ対応。ハイブリッド車がモーターのみで走行中は走行音が小さく、前方の歩行者に気付かれない場合があるので、走行音を発して注意をうながします。

 

安全機能以外のグレード格差については、↓の記事で紹介しているのでご一読ください。

 

>>オデッセイのグレード比較~おすすめや違い!~

 

また、グレードによってはホンダセンシングは10~15万円のメーカーオプションとなります。その分搭載コストがかかることになるので、オデッセイの車体・オプション値引き交渉で対応していきましょう。↓の記事で詳しい値引き方法を紹介しています。

 

>>オデッセイの値引き【100%成功させる3つの条件とは】

愛車の買取相場知ってますか?

新車を買う前に、愛車の相場は絶対調査したほうがいいです。今乗っている車の買取相場がわからないでいると、提示された下取り額が高いかやすいかわからず、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/