オデッセイのグレードを選ぶコツ

オデッセイだけでなく、新車を買う時に悩むのが「グレード選び」です。オデッセイのグレードについていい加減に考えていると、営業マンに見破られて、お店で一番売りたい在庫グレードを売りつけられてしまうかもしれません。そうならないようにするには、自分好みのオデッセイのグレードをしっかり見つけておくことが重要です。

 

ここでは、オデッセイのグレード選びの注意点を解説しますので、少し長い記事になりますがぜひご一読ください。

 

まずはじめに、オデッセイの主なグレードを把握しましょう。

 

グレード名 燃費 エコカー減税(取得税/重量税) 価格
ハイブリッド 26.0km/リットル 100%/100% 356万円~364万円
ハイブリッドアドバンスドパッケージ 26.0km/リットル 100%/100% 394万円~402万円
ハイブリッド・EXパッケージ 26.0km/リットル 100%/100% 399万円
ハイブリッドアブソリート・ホンダセンシング 24.4~25.2km/リットル 100%/100% 378万円~386万円
ハイブリッドアブソリート・ホンダセンシング アドバンスドパッケージ 24.4~25.2km/リットル 100%/100% 397万円~405万円
ハイブリッドアブソリート・ホンダセンシング EXパッケージ 24.4km/リットル 100%/100% 400万円
G 12.8~13.4km/リットル 40%/25% 276万円~301万円
G・EX ホンダセンシング 12.8~13.4km/リットル 40%/25% 338万円~352万円
アブソルート 13.0~14.0km/リットル 40%/25% 298万円~323万円
アブソルート・X ホンダセンシング 13.0~14.0km/リットル 40%/25% 320万円~343万円
アブソルート・X ホンダセンシング アドバンスドパッケージ 13.0~13.6km/リットル 40%/25% 339万円~362万円
アブソルート・X ホンダセンシング EXパッケージ 13.0~13.6km/リットル 40%/25% 345万円~356万円

 

オデッセイのガソリンエンジンとハイブリッドを選ぶ

↑で紹介したオデッセイのグレード表を見てもらえるとわかりますが、オデッセイはかなりグレードが多い方です。

 

その原因はハイブリッドの登場が遅れたからです。お客さんをつなぎとめるためにいろいろなグレードを発表していったわけですが、ついにオデッセイのハイブリッドも登場してグレード数はなんと12種類になってしまいました。

 

なのでオデッセイのグレード選びが難しくなっているわけですが、初めに「ハイブリッド」と「ガソリン」のどちらを選ぶか決めておくとグレードの絞り込みがグッと楽になります。

 

コスト面を考慮しよう

 

始めのオデッセイのグレード一覧を見てもらえればわかりますが、ハイブリッドとガソリンでは燃費性能に2倍近い差があります。

 

ハイブリッド ガソリンエンジン
26.0km/リットル 12.8~14.0km/リットル

 

この差をわかりやすくするためには、1kmあたりの燃料費用を考えるとよいでしょう。

 

※1km走るのに必要なガソリン代

ガソリン車 ハイブリッド
4.6円 9.2円

 

↑の図を見るとわかる通り、オデッセイの1kmあたりの燃料代はなんと4.6円に上ります。(ガソリン1リットル120円で計算)

 

つまり、オデッセイで10万キロ走ると燃料コストの差は46万円(!)になってしまうというわけです。

 

とはいえ、車体価格でいうとオデッセイのハイブリッドグレードの方が60~80万円程度高くなります。なので、走行距離だけでいえば、ハイブリッドは15~20万キロ程度走らないと差額は埋まらないことになります。

 

ただ、オデッセイのハイブリッドの方が中古車として売るときの価値は高くなります。また、エコカー減税が100%なので購入時のコストは3~4万円安くなります。

 

そういったもろもろの条件を考慮すると、「10万キロ程度走るかどうか」が、オデッセイのハイブリッドとガソリンのどちらを買った方がトクになるかのラインになるでしょう。

 

ハイブリッドを買った方がいい人 ガソリンエンジンを買った方がいい人

・燃費性能が高い車に乗りたい
・オデッセイを10万キロ以上乗る予定
・給油回数が少ない方がいい
・パワーがある車に乗りたい(※1)
・いずれはオデッセイを中古車として高く売りたい(※2)

・オデッセイの購入コストを下げたい
・数年でオデッセイを乗り換える(5万キロ程度で乗り換える)予定だ(※3)

※1 オデッセイハイブリッドはモーターが追加される分、ガソリンエンジン車よりもパワーアップする傾向があります。
※2 ハイブリッドの方が中古車価格が高いので、乗り換えで売るときに高い価格で売却することができます。
※3 5万キロ程度しか走らない場合、ハイブリッドの方がトータルコストが高くなります。

 

ハイブリッドを選択した場合

では、オデッセイハイブリッドを選択した場合のグレード選びについて考えていきましょう。

 

ハイブリッドグレードだけでも6種類あるのでグレード選びは複雑に見えますが、2つのポイントを押さえれば一気に選びやすくなります。

 

無印とアドバンスドパッケージとEXパッケージ

 

オデッセイのグレード一覧を見るとわかりますが、

 

・無印
・アドバンスドパッケージ
・EXパッケージ

 

の3種類があります。

 

そしてその3種類の差は装備の差となります。

 

無印 -
アドバンスドパッケージ

Honda インターナビ(※1)、マルチビューカメラシステム、Hondaスマートパーキングアシストシステム

 

EXパッケージ (アドバンスドパッケージの機能に加えて)LEDアクティブコーナリングライト、ブラインドスポットインフォメーション(※2)、トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナー、100V AC電源、運転席大型アームレスト、センターコンソールボックス

※1 スマホ感覚で操作できるナビ
※2 死角にいる車の位置を通知する機能

 

オデッセイのアドバンスドパッケージを選択するとマルチビューカメラシステム(上から見下ろしたような視点のカメラ)や駐車支援システムが付属します。

 

そして、オデッセイのEXパッケージを選択した場合は、アドバンスドパッケージの機能に加え、LEDアクティブコーナリングライト(曲がり角に反応してライトの方向を変える機能)や死角にいる車を通知する機能などが付くわけです。

 

なので、↑の表を見てほしい機能がある場合はそのグレードを選び、必要ない場合は無印のグレードを選べばいいのです。

 

無印とアブソルート

同じくグレード一覧を眺めていると、「無印」と「アブソルート」という二つのラインがあることがわかります。

 

ではオデッセイの無印とアブソルートの何が違うのか?それは、機能と装備の差です。

 

アブソルートに追加される主な装備

・運転性能
7速マニュアルモード対応し、サスペンションも上級のものが使われているので運転性能が高い

 

・7人乗りキャプテンシート
ロングスライド可能なキャプテンシート

 

・Honda Sensing

車体前部に設置されたミリ波レーダーとフロントカメラの2種類のセンサーにより、前方にある車や人、障害物を検知して減速や車体停止を行う安全機能

 

オデッセイのアブソルートは無印に比べて10万円~20万円程度しか価格が変わらないのに、運転性能やシートアレンジ、安全機能に強化が見られます。なので、全体の9割のドライバーがアブソルートを選んでいるほどです。よほどのこだわりがない限りは、アブソルートを選んでおけば問題ないでしょう。

 

ハイブリッドのおすすめグレードは?

まず第一に、オデッセイのアブソルートは選んでおいた方が無難です。先ほども書いた通り全体の9割がアブソルートなので、営業マンもアブソルートを選ぶだろうと考えているはず。単にお買い得というだけでなく、値引き交渉するうえで、スムーズに商談を進めるという意味でも、スタンダードなアブソルートを選ぶのがよいでしょう。

 

あとはパッケージをどうするかですが、先ほど掲載した一覧を見て、必要な機能があるパッケージを選べばいいでしょう。各パッケージの価格差は20万円程度なので、付けておいた方がオトクといえるかもしれませんが、機能が不必要ならナシにしても問題ありません。

 

総合すると、ハイブリッドのオススメグレードは「ハイブリッドアブソリート・ホンダセンシング EXパッケージ」です。車体価格はちょうど400万円となり大台を超えてきますが、上級相日が付いており、なおかつアブソルートなので人気も高いグレードとなります。何より、「最上級グレードを買った」という満足感を、最廉価グレードより50万円高い程度で手に入れられるのは魅力です。

 

ガソリンエンジンのおすすめグレードは?

 

オデッセイのハイブリッドの燃費性能があまりにも圧倒的なので、ガソリングレードを買う人はあまりいないかもしれません。ですが、すでに説明した通り数年しか乗らないのであればコスト的にはガソリンエンジンの方が安いのも事実です。なのでガソリングレードを選ぶ場合も考えておきましょう。

 

選び方はハイブリッドの場合と同じで、パッケージをどうするか、アブソルートをどうするかを考えればOKです。

 

参考までにオデッセイのハイブリッド登場前の人気を紹介すると、

 

アブソルートアドバンスドパッケージ →約40%
アブソルートEXパッケージ  →約40%

 

とほとんどのオデッセイのシェアを上記2グレードでほぼ独占していました。なので、おすすめグレードとしてはこの2グレードのどちらか、ということになります。必要な機能に応じて選び分けるといいでしょう。

 

オデッセイを安く買うには?


できれば、オデッセイをできるだけ安く買いたいですよね。でも、ハイブリッドの場合値引き限界額は20万円程度ですし、交渉スキルも必要になります。

 

そこで、未使用車の検討をおすすめします。

 

オデッセイの未使用車は車体・保証も新車と同じですし、なおかつ格段に安く購入できるのです。

 

  オデッセイハイブリッド アブソルート アドバンスドパッケージ 新車 オデッセイハイブリッド アブソルート アドバンスドパッケージ 未使用車
外観    
ボディカラー ブラックパール ブラックパール
走行距離 2~3km 5km
装備

・Honda SENSING
・純正ナビ
・マルチビューカメラ
・両側スライドドア
・リアエンターテインメント
・電動シート

・Honda SENSING
・純正ナビ
・マルチビューカメラ
・両側スライドドア
・リアエンターテインメント
・電動シート

乗りだし価格 ¥4,509,780 ¥3,987,000

差額は52万円

 

※ガソリンエンジンタイプの場合、新車との差額は50~70万円程度になります。

 

↑は「オデッセイハイブリッド アブソルート アドバンスドパッケージ」の比較ですが、新車と未使用車には52万円もの価格差があります。未使用車は新車登録済みなので、取得税、重量税もかかりません。この例はハイブリッドなのでゼロ円ですが、ガソリンのオデッセイの場合は差額はもっと大きくなります。

 

ハイブリッドだと予算オーバーだなぁ…
4WDがいいけど価格が高いなぁ…

 

こんなときでも、未使用オデッセイなら予算内におさまる可能性が高いのです。

 

どうやって未使用車を探す?


未使用車そのものは中古車ショップでうっています。しかし、グレードやボディカラーがバラバラなので、自分好みのグレードやカラーを探すのは結構面倒です。メーカーオプションの搭載具合も未使用車によって異なってくるので、ネットで探すのがおすすめです。

 

ただ、1点注意点があって、ネットではほとんどの未使用車が「非公開」となっています。なので、「Goo-net」などで検索しても、あまり見つかりません。実際には、ネットで公開されている数の数倍の非公開車両があるとされています。

 

なので、オンラインで希望の未使用車を探すなら、「非公開対応」のサービスを使うのが鉄則です。

 

非公開対応のサービスを使おう

非公開車両を探すときに役だつのが「なびくる+」です。非公開対応なのは当然ですが、年間60万台もの在庫があり、希望のオデッセイが見つかる可能性が高いのが魅力です。

 

 

↑は記入例ですが、「備考欄」に予算やボディカラーなど、各種希望を記入しておけば、最適な未使用オデッセイを提案してもらえます。

 

非公開車両なしで未使用車を探すのはもったいないので、1回はこのようなサービスを試してみたほうがいいでしょう。

 

 

ちなみに、なびくる+は中古車在庫もたくさんあります。走行距離数千キロ~1万キロ程度で、キズなしなどの条件であれば、半額近い価格になることもあります。なので、予算に限りがあるなら中古車も視野に入れましょう。

 

なびくる+の公式サイトはこちら
https://a-navikuru.com/

 

未使用車は保証もOK

未使用車と新車の違いについて疑問がある人もいるでしょう。まず、走行距離についてですが、未使用車は数キロ走っていることがほとんどです。とはいえ、新車も最終検査で必ず数キロ走るので、車体の状態としてはほとんど同じです。

 

そして保証面についてですが、こちらも問題ありません。新車は新茶登録から3年間はメーカー保証が付きますが、未使用車もディーラーに持ち込めば新車と同じ3年間メーカー保証が受けられるのです。

 

デメリットは?

じゃあ未使用車は新車と同様か、というとそうではなく、デメリットもあります。

 

①グレードやボディカラー変更はできない

 

未使用車は完成品となるので、あとからグレードやボディカラー変更はできません。

 

②メーカーオプションの選択不可

 

完成品となるので、後からメーカーオプション追加はできません。(ディーラーオプションは自由に追加可能)

 

とはいえ、これらのデメリットは「なびくる+」を使えば問題ありません。事前に、希望のグレードとボディカラー、メーカーオプションを条件設定しておけば、条件に合わないものは提案されないのです。

 

なびくる+の公式サイトはこちら
https://a-navikuru.com/


愛車の買取相場知ってますか?

新車を買う前に、愛車の相場は絶対調査したほうがいいです。今乗っている車の買取相場がわからないでいると、提示された下取り額が高いかやすいかわからず、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/