オデッセイのライバル車種を知れば値引きに活用できる

オデッセイのライバル車種を知ることで、車種選びが楽になるだけでなく、オデッセイの値引きについても活用することができます。モデルチェンジしたばかりの車種なのでライバル状況は変化しています。今後しばらくはオデッセイを中心とした市場になっていくはずなので、ライバルについてはしっかり学んでおきましょう。

 

まずはオデッセイのライバル車種一覧をご覧ください。

 

アルファード(トヨタ) 概要
 

国内ミニバン最高級車種で、高い人気を誇る。ボディを拡大して居住性が増しただけでなく、リヤサスにダブルフィッシュボーンを採用するなど走行性能も高い。

 

人気グレード:S Cパッケージ(417万円)

ヴェルファイア(トヨタ) 概要
 

アルファードの姉妹車だが、迫力あるデザインから中高年からの支持も熱く売り上げもアルファードより上。中身はアルファードとほとんど同じで走行性能や居住性能も申し分ない。

 

人気グレード:Z Gエディション(417万円)

エスティマ(トヨタ) 概要
 

国産ミニバンの元祖的存在で、いまだ高い人気を誇る。オットマンが装備されてリムジン感覚で使用できるほか、2列目以降を跳ね上げれば超大容量の荷室が利用可能だ。

 

人気グレード:ハイブリッドアエラスプレミアムエディション特別仕様車(423万円)

 

オデッセイとライバル車種を比較しよう

 

オデッセイのライバルが気になるということは、

 

オデッセイを買うか、別のクルマを買うかで迷っている
オデッセイ値引きの材料が欲しい

 

のいずれかでしょう。なので、この記事ではライバル車種を「値引きの材料」という観点から比較します。そうすれば、他のクルマに変更したくなったときの判断材料にもなるでしょう。

 

オデッセイ値引きはホンダディーラー同士の競合が基本戦略となりますが、商談が止まったときのカンフル剤としてライバル競合が便利です。

 

ただ、ライバル競合は、ライバル車種についてしっかり知っておかないと効果がありません。何も知らないまま相見積もりをしても、セールスマンに値引きをしたいだけなのがバレてしまい、かなり心証を悪くします。なので、ライバルについて詳しくなっておく必要があるのです。

 

アルファード

・国内トップクラスの人気
・エアロ系モデルがある
・値引き幅が大きい
・ハイブリッド燃費はオデッセイ以下

ヴェルファイア

・アルファードをもしのぐ人気
・個性的なフロントマスク
・値引き幅が大きい
・ハイブリッド燃費はオデッセイ以下

エスティマ

・オットマンなどのインテリアが充実
・車内が広い
・値引き幅が大きい
・ハイブリッド燃費はオデッセイ以下

 

↑はライバル車種の特徴となります。オデッセイの値引きに使える情報は赤文字、NGワードは青文字となっていますので覚えておいてください。

 

アルファードの場合

 

アルファードは高級ミニバンで価格が高いわりに売り上げがよいという「トヨタのドル箱」車種となります。オデッセイの燃費がいくら改善されたからといっても、「それでもアルファードがいい」という人は大量にいるはずです。

 

なので競合はそれほど難しくなく、アルファードの良い点を挙げて「だからアルファードと迷っている」と言えば、大抵の場合ホンダのセールスマンは焦ります。アピールポイントはとくに何でもよく、「アルファードのエアロがかっこいい」だとか、「やっぱり人気がある車がいい」などと言ってプレッシャーをかけていけば効果があります。

 

あと、アルファードは値引き幅が広がりつつあるので、「アルファードが大幅値引きできそう。そうなるとオデッセイとそれほど価格も変わらないし、迷っている」などというとオデッセイの値引きが引き出しやすくなるでしょう。

 

逆に、「アルファードの方が燃費が低い」という発言をこちらからするのはNGです。相手のセールスマンに「ならオデッセイのほうがいいですね!」と言われてしまう材料となり、値引きにとってマイナスに働きます。こちらからは絶対に言わず、向こうが言ってきたら「でもアルファードはやっぱりデザインがかっこいいから…」などとやり返す準備をしておきましょう。

 

ヴェルファイアの場合

 

ヴェルファイアも基本的にはアルファードと変わりません。唯一違う点はフロントマスクです。個性的なデザインをしているので、値引き交渉には非常に便利です。

 

とにかく「あの見た目がかっこいい」というアピールができるので、むしろアルファードよりヴェルファイアの方がライバル競合はしやすいかもしれません。

 

エスティマの場合

 

エスティマはそれほど個性的なデザインとは言えませんので、むしろインテリアを競合の材料にしていくといいでしょう。オットマン(足置き)などがあるので、「高齢者が乗るのでインテリアが充実しているエスティマと迷っている」などのアピールは効果的です。

 

また、エスティマはかなり大幅値引きされる車種なので、オデッセイと価格を近づけておいてプレッシャーをかける作戦も有効となります。

愛車の買取相場知ってますか?

新車を買う前に、愛車の相場は絶対調査したほうがいいです。今乗っている車の買取相場がわからないでいると、提示された下取り額が高いかやすいかわからず、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/