オデッセイのシートアレンジや乗り心地を評価

オデッセイはLクラスミニバンならではの車内の広さ活かした、多彩なシートアレンジに対応しています。

 

しかも、7人乗りなら2列目がキャプテンシートとなり、オットマンなども装備するため非常に快適な乗り心地を達成しています。もちろん、8人乗りでも乗車人数によっては大型アームレストを倒し、一時的に快適性の高い6人乗りにできるなど、柔軟性の高いシートアレンジが可能です。

 

ここでは、実際の試乗レポートを交えて解説していきます。

 

オデッセイのシートアレンジの解説

オデッセイのシートアレンジを解説していきますが、その前に乗車人数について押さえておきましょう。オデッセイには7人乗りと8人乗りの2タイプがあり、それぞれでシートアレンジに若干の違いがあります。

 

また、7人乗り/8人乗りはすべてのグレードで選べるわけではありません。

 

グレード名

7人乗り

8人乗り

ハイブリッド

ハイブリッドアドバンスドパッケージ

ハイブリッド・EXパッケージ

×

ハイブリッドアブソリート・ホンダセンシング

ハイブリッドアブソリート・ホンダセンシング アドバンスドパッケージ

ハイブリッドアブソリート・ホンダセンシング EXパッケージ

×

G

○(FFのみ)

G・EX ホンダセンシング

○(FFのみ)

○(4WDのみ)

アブソルート

○(FFのみ)

○(4WDのみ)

アブソルート・X ホンダセンシング

○(FFのみ)

アブソルート・X ホンダセンシング アドバンスドパッケージ

○(FFのみ)

アブソルート・X ホンダセンシング EXパッケージ

○(FFのみ)

○(4WDのみ)

 

↑の表を見てもわかる通り、7人乗り/8人乗りの対応状況はかなりややこしいです。なので、以下のように覚えてください。

 

ハイブリッドグレードの乗車人数

  1. ハイブリッドのオデッセイについては、グレード名に「EX」と付くものに関しては7人乗りのみ

 

ガソリンエンジングレードの乗車人数

  1. 7人乗りはFF駆動車のみ設定可能。つまり、4WDを選ぶと8人乗り確定。
  2. 8人乗りは、「G・EXホンダセンシング」「アブソルート」「アブソルート・X ホンダセンシング EXパッケージ」の3つのみ、4WD駆動車のみ設定可能。

 

乗車人数の条件としては、以上のようになります。したがって、7人乗り/8人乗りにこだわりがあるときは、上記の条件をしっかりと確認しておきましょう。

 

7人乗り/8人乗りの価格差

7人乗り 8人乗り
+13万円 -

 

また、↑の表を見てもわかる通り、実はオデッセイは7人乗りの方が価格が高くなっています。たくさん乗れる方が高額になりそうなイメージがありますが、オデッセイの7人乗りは2列目シートが複雑構造の「プレミアムクレードルシート」になるなど、8人乗りよりもコストがかかってくるのです。

 

そのため、7人乗りを選ぶ場合はコストアップについても考慮する必要があります。

 

7人乗りのシートアレンジ詳細

オデッセイの7人乗りは2列目シートがキャプテンシートとなるため、「2:2:3」の方式となっています。まずは、7人乗りのシートアレンジを可能にする独自の機能について確認しましょう。

 

2列目プレミアムクレードルシートと超ロングスライド

7人乗りは2列目が2人用の「プレミアムクレードルシート」となり、膝前空間が最大740mmにもなる超ロングスライド機構が搭載されます。そのため、3列目を格納して限界まで2列目を引き下げることで、前に広大な空間がうまれ、快適性を高めます。

 

ウォークスルー

7人乗りは2列目が左右分離のプレミアムクレードルシートとなるため、ラクイラク間を抜けられる「ウォークスルー」に対応します。そのため、2~3列目のアクセス性が高いです。

 

7人乗りの豊富なアレンジモード

すでに紹介した7人乗り独自のシートアレンジ機能により、多彩なアレンジモードが利用できます。

 

6名乗車モード


もともと2列目の快適性が高いほか、3列目のアームレストを倒すことで余裕をもって3列目乗車もできるため、6人乗りの際の快適性が非常に高くなります。

 

4名乗車+ロングスライドモード


4名ででかける際は、このモードがおすすめ。3列目シートを床下格納し、2列目を後ろに超ロングスライドすることで、膝前空間が最大740mm広がります。リクライニングやオットマンを利用すると、2列目の快適性は最大限に高まります。

 

2名乗車+最大ラゲッジモード


3列目を格納、2列目を最前にスライドすると、後方には広い荷室空間ができます。2名でサイクリングにでかけル最などに活躍するモードです。

 

8人乗りのシートアレンジ詳細


オデッセイの8人乗りは2列目シートがベンチシートとなります。7人乗りの2列目シートに比べると快適性は落ちますが、真ん中に大サイズのアームレストがあり、引き下げることでドリンクホルダーとして使用したり、ちょっとした軽食用のテーブルとして活用することができます。

 

8人乗りのアレンジモード

8人乗りは超ロングスライドがありませんが、その他に関しては7人乗りと大差のないアレンジモードが利用できます。

 

  1. 6名乗車モード
  2.  

    2列目~3列目の中央アームレストを倒すことで、全員が快適なドライブを楽しめるようになるほか、アームレストの隙間を通すことで長尺荷物を積み込むことも可能です。

     

  3. 2名乗車+最大ラゲッジモード
  4.  

    7人乗り同様、3列目を格納して2列目を前に出すことにより、広大な荷室を利用することができます。

     

  5. 1-2列目フラットモード
  6.  

    2列目がベンチシートのため、1列目~2列目を倒すことでフラット空間が作られ、なおかつインパネ周りの操作も可能です。

 

2列目、3列目シートの乗り心地を評価

次に、オデッセイの2列目~3列目シートの乗り心地を評価していきます。

 

2列目プレミアムクレードルシートは驚異の快適性

7人乗り対応のキャプテンシート「プレミアムクレードルシート」は超ロングスライドに対応し、後ろに引き下げることで広大な空間を獲得できるのは説明した通りです。

 

しかも、背もたれを倒すと自動的に座面の前部が上がるため、姿勢をホールドしてくれるほか、オットマンを引き出すことでリクライニングシートのように使うことができます。プレミアムクレイドルシートの超ロングスライドは、このリクライニング姿勢を保つためにあるのです。オットマンの角度は自由に調整できるので、自分が一番快適な角度を作り出すことも可能です。

 

また、シートベルトはシートに内蔵されているため、スライド位置と関係なく最適のポジションにシートベルトを装着できる工夫もほどこされています。

 

オデッセイ2列目シートの乗り心地に関してはさすがLクラスミニバンといったところで、長距離ドライブでもかなり疲れにくい作りとなっています。

 

3列目も乗り心地は○

3列目シートは3人掛けとなりますが、左右の幅に余裕があり、2列目を引き下げてもまだ足元に余裕があるため、2名までなら広く感じます。ただ、さすがに成人が3名乗車すると左右は狭く感じるかもしれません。

 

着座位置が他のミニバンに比べてやや低く設定されており、ソファーのような乗車姿勢になるほか、座面の傾斜も絶妙なためひざの裏が浮くことはありません。座面も3列目シートにしては柔らかく、ロングドライブも苦にならない乗り心地となっています。

 

2人乗車であれば、一般的なミニバンの3列目シートのような不快感はなく、マイルドな座り心地です。ただ、3人乗車時は狭さを感じるため、成人2人、もしくは子ども3人でなどで乗るのがベストでしょう。

チャイルドシートの装着は可能?

2列目に関しては、乗車人数を問わず問題なくチャイルドシートの装着が可能です。

 

3列目に関しては、1個ならOK。ただ、2個は商品によるので、事前の採寸が必要となります。

 

チャイルドシートはものによって幅が異なってくるので、大きいものだと3列目には2個は入らないこともありえます。なので、子どもが2人いるなら、しっかりサイズを測って3列目が入るか検証するか、もしくは2列目1つ、3列目1つといったように分けて設置するといいでしょう。

 

4WDは8人乗りのみとなる

7人乗りは構造が複雑で、超ロングスライド機能なども備える「プレミアムクレードルシート」が採用されます。そのため、8人乗りよりもシート下部の構造が複雑になるというデメリットがあります。

 

そのため、4WDでは7人乗り設定はできません。4WDはFFに比べて足回りの構造が複雑となるため、7人乗り構造とバッティングしてしまい、オデッセイの車体サイズでは実現できないのです。

 

そのため、4WDを選ぶ場合は7人乗り設定については諦める必要があります。

 

オデッセイを実際に試乗した際のシートアレンジレポートについては、↓をご覧ください。

 

>>オデッセイを試乗レポート!【画像大量】

 

オデッセイは、乗車人数以外にもグレード格差がいろいろあります。グレードの詳しい比較や選び方については↓のページをご参照ください。

 

>>オデッセイのグレード比較~おすすめや違い!~

 

また、7人乗りは8人乗りに比べて13万円程度高くなります。「7人乗りにしたいけど、予算が…」という場合は、オデッセイの車体価格をディーラー交渉で値引きすることを考えましょう。具体的な方法については↓で紹介しています。

 

>>オデッセイの値引き【100%成功させる3つの条件とは】


愛車の買取相場知ってますか?

新車を買う前に、愛車の相場は絶対調査したほうがいいです。今乗っている車の買取相場がわからないでいると、提示された下取り額が高いかやすいかわからず、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/