オデッセイは女性にとって運転しやすい?

オデッセイはLサイズミニバンとして人気があり、ハイブリッドも追加されて注目を集めています。しかし、サイズが大きいため女性の中には「運転しやすいの?」「扱いにくくない?」といった不安を感じている人もいるはずです。

 

ここでは、オデッセイが女性にとってどうなのか? という視点から評価をしていきます。

 

見た目・デザイン

 

アブソルートの場合、フロントマスクがエアロ装着となるため、やや男性的なデザインというイメージがあります。しかし、最近はやりの直線的デザインではなく、丸みのある見た目なので、女性が乗っても違和感はありません。

 

 

ただし、ボディカラーのラインナップには今流行りのパステルカラーなどはなく、全体的に地味目な色合いとなります。そのため、明るい色が好きな女性にとっては不満に感じるかもしれません。

 

>>ボディカラーの人気ランキングと各色の解説

 

運転のしやすさや視認性について

 

デザイン面については好みがありますが、運転のしやすさについては妥協したくない部分でしょう。特にオデッセイはミニバンなので、サイズが大きく取り回しがしにくいイメージがあるかもしれません。次は、運転のしやすさや運転席周りについて評価していきます。

 

運転席周り

インパネ周りについては、シフトレバーが運転席寄りに配置されていたり、ヒップポイントがステップワゴンやエスティマなどに比べて約10センチ低いなど、セダンのような運転が可能なのが特徴。そのため、高い視点から運転したい女性にとってはマイナスかもしれませんが、日ごろセダンやコンパクトカーなど低い視点から運転していた女性にとっては違和感を感じにくい作りになっています。

 

また、全長や全幅に関しても、エスティマやアルファードといった大サイズミニバンにくらべて若干小さく、最小回転半径も5.4メートルとコンパクトミニバン並みなので、取り扱いは比較的しやすいです。

 

駐車のしやすさ

 

ミニバンに乗り換えたときに心配なのが駐車のしにくさ。サイズが大きいため、今までと同じ駐車場だと駐車できなかったり、こすってしまうのではという不安が付きまといます。

 

しかし、オデッセイに関しては「アラウンドビューモニター」や「Hondaスマートパーキングアシストシステム」といった駐車支援機能が搭載されており、運転操作をアシストしてくれるためそれほど心配はないでしょう。

 

>>メーカーオプション情報|Cパッケージやおすすめオプション

 

紫外線対策が魅力

 

運転のしやすさだけでなく、運転中の日焼けも気にしたいところ。女性にとっては、紫外線対策も重要な要素となります。

 

その点、オデッセイはフロントコーナーとリアドア・リアクォーター、テールゲートがすべて「高熱吸収/UVカット機能付きガラス」となっています。そのため、運転中の紫外線対策はバッチリです。また、リアには「プライバシー」機能も付いており、外部から見えにくい工夫もされています。

 

オデッセイの子育て関連の機能について評価

 

小さな子どもがいるママにとっては、オデッセイの子育て関連の機能も気になるはず。ここでは安全機能やシートアレンジなど、子育てに役立つ機能を評価します。

 

安全機能

 

子どもをオデッセイに乗せる上で一番注意したいのは、やはり「安全性能」です。

 

オデッセイは「ホンダセンシング」というホンダ肝入りの安全機能パッケージに対応。そのため、2種類のレーダーが障害物検知をしたり、衝突回避・衝撃軽減、さらにはうっかり事故を防ぐ運転支援などを行うことができます。

 

また、メーカーオプションにはなりますが2~3列目のSRSサイドカーテンエアバッグなども装着できるので、横からの衝撃にも対応できます。しかも、横滑り防止や車両挙動安定化制御システムなども全車標準装備となるため、多彩なシチュエーションでの安全性確保が可能です。

 

>>ホンダセンシングやオデッセイの安全性能の特徴

 

オートスライドドア

 

ミニバンを利用するうえで欠かせないのがオートスライドドアです。手動のスライドドアはどうしても重いので、女性や子ども、高齢者にとっては乗り降りがおっくうになりがちです。

 

オデッセイは、助手席側のオートスライドドアは全車標準装備。両側もたいていのグレードが対応しており、乗降性については非常に高くなっています。

 

荷室・シートアレンジ

 

家族でレジャーにでかけたり、子どもを習い事に連れて行くなども場合に気になるのが、荷室やシートアレンジについて。

 

オデッセイは3列目まであるミニバンタイプなので、家族3~5人で出かける場合は3列目を格納することで大量の荷物を積み込むことができます。子供の習い事で荷物が多い場合でも、2列目まで格納すればたっぷりと荷物が積み込めます。

 

またシートアレンジについても豊富で、2列目にチャイルドシートを設置して最大限1列目に近づければ、運転席や助手席から世話をするのもかんたんです。

 

シートアレンジもスムーズに行えるので、力が弱い女性でもすばやくアレンジできるように考慮されています。

 

>>荷室は広いの?ゴルフバッグやベビーカーは入る?
>>シートアレンジ解説!7人乗り/8人乗りの違いや乗り心地

 

オデッセイの価格・コスト面を評価

 

女性にとって一番気になるのが「価格」や「燃費」かもしれません。最後に、オデッセイのコスト面の評価をしていきます。

 

燃費コスト

 

オデッセイの燃費性能

 

エンジン種別 燃費性能
ハイブリッド 26.0km/リットル
ガソリンエンジン 12.8~13.4km/リットル

 

↑はオデッセイの燃費性能になりますが、特に圧巻なのがハイブリッドの燃費性能で、同クラスミニバンでは随一の「26.0km/リットル」という数値を叩きだします。

 

どれだけこの数値がスゴイかというと、同クラスのミニバン「アルファード/ヴェルファイア」や「エスティマ」と比べると10km/リットルの燃費性能差があるのです。つまり、10万キロ走行すると数十万円の差が生じるということになるので、燃費コストという面ではオデッセイは圧倒的に優れているのです。

 

>>オデッセイの燃費は悪いって本当?実燃費は?

 

オデッセイの車体価格

 

燃費がよくても、車体価格が高いとどうしようもありません。その点、オデッセイはかなり低コストで購入できるミニバンとなります。

 

というのも、同クラスのアルファード、エスティマといったミニバンと比べて、およそ100万円程度車体価格が安いのです。もちろん、装備や内装・外装の質感が違うので比較はしにくいですが、単純に購入コストだけでいったら圧倒的にオデッセイの方がお得です。

 

オデッセイの女性向け評価まとめ

 

オデッセイの女性向け評価を、1つ1つ紹介してきましたがまとめると以下のようになります。

 

デザイン面 ★★★
運転のしやすさ ★★★★
安全性能 ★★★★★
荷室・シートアレンジ ★★★★★
価格・燃費コスト ★★★

 

 

デザイン面

いかついデザインではないので女性でも違和感はありませんが、カラーラインナップのバリエーションはあまりありません。

 

運転のしやすさ

インパネ周りの工夫がこらされており、座面もミニバンにしては低めに抑えられています。また、駐車支援システムなどを完備しており、ミニバンとしては比較的運転しやすいです。

 

安全性能

ホンダセンシングによって安全性能は非常に高くなっています。

 

荷室・シートアレンジ

3列目床下格納によってフル乗車時の荷室性能も高いほか、2~3列目を格納すれば大量の荷物が積み込めます。また、シートアレンジも多彩で、ファミリーユースにも十分対応できます。

 

価格・燃料コスト

燃費性能はミニバンでも随一の低コスト。また車体価格も同クラスミニバンとしては安いほうですが、ハイブリッドを選択すると400万円を超えるため安い買い物ではありません。

 

オデッセイはホンダディーラーで値引き交渉が可能なので、購入予算に限りが有る場合は値引き交渉をしてみましょう。女性でもかんたんにできる交渉テクニックを↓で紹介しているので、チャレンジしてみてください。

 

>>オデッセイの値引き【100%成功させる3つの条件とは】

愛車の買取相場知ってますか?

新車を買う前に、愛車の相場は絶対調査したほうがいいです。今乗っている車の買取相場がわからないでいると、提示された下取り額が高いかやすいかわからず、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場ですぐに愛車の買取相場がわかります。

→ http://a-satei.com/